« 懐かしい野球盤 | トップページ | おもちゃ図書館に於ける修理 »

2010年4月16日 (金)

東陽こども家庭支援センターのおもちゃ病院

東陽こども家庭支援センターでおもちゃ病院を行いました。

その中のおもちゃの一つで、ミニクーパー(ローバー ミニ)の

おもちゃが有りました。

音はなるが、動かなくなったとのお話で、内部ピニオンギアーの

歯こぼれが原因でギアー交換まで出来ましたが、

完了できず持ち帰りました。

家で続きを修理しましたが、ギアーボックスの復旧組み立てが

うまく出来ず時間がかかってしまいました。

その原因は、簡単なカムとこれに組み合わさったギアーシャフト

のスプリングによるクラッチ動作の機構に気が付くのに

遅れてしまったことでした。

もう一つの不具合は、車輪の一つの車軸が折れていることでした。

折れた車軸断面の両側に穴を開け、竹ヒゴを芯として貫通させ

接着しました。

完成後の車の動作は、50~60cmの範囲でうねりながら前進後進を

繰り返しその間障害物に当たると方向転換するという単純ですが

私にとっては初の珍しいものでした。

Sc161285

 ( 2010年4月16日 )

« 懐かしい野球盤 | トップページ | おもちゃ図書館に於ける修理 »

おもちゃ病院」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 懐かしい野球盤 | トップページ | おもちゃ図書館に於ける修理 »